オフィス空間の専業メーカー、株式会社ナイキです。

採用情報 RECRUIT

先輩メッセージ ー営業職ー

営業職メイン写真

駆け出し営業マンと経験を積んだ若手営業マンーー。
それそれの営業スタイルを語る。

営業職の仕事

ナイキの営業の最前線で活躍する中野と森川。ナイキの営業の面白さや大変さを話していただきました。どのような成長があり、そしてこれから先、どのようなビジョンに向かって更に活躍していくのか――。このインタビューを通じてナイキの営業を知ってほしいと思います。

就活を振り返ってみる

まずは、お二人の就職活動について教えていただけますでしょうか。
特に森川さんは入社1年目ということですので、今の就活生の気持ちも分かると思いますので…。

森川 そうですね。私が就活をしていた頃は学生が厳しい環境でした。ですので50社くらいは受けましたね。最初は大手中心に東京の方も考えていました。しかし、だんだんと視野を広げなければと思い、関西方面や中堅・中小企業にも目を向けるようになりました。 そんな時にナイキと出会い、取り扱う商材の面白さ、説明会や面接の中で感じた社内の雰囲気、チームワークの良さなどで、ここだ!と決めました。

営業職写真1

中野 50社も!すごいな(笑)
僕は2009年入社ですのでちょうど就活が終わったころにリーマンショックが起こったんですよ。なのでギリギリ良い時代だったかな。私は最初から店舗内装やオフィスファニチャーなどの業界に絞り、就活を進めていました。受けたのは10社くらいですね。OB/OG訪問なども積極的にしながら就活をしており、ナイキと出会いました。

営業職写真2

お二人のお話を聞いていますと就職活動の動き方に違いを感じますね。
では、今就活生に戻ったらどのようなことを意識して取り組みますか。

中野 僕は森川君のように絞らずにいろんな業界や職種を受けてみても良かったかなと思いますね。いろんな業界の話を聞いたり、面接を経験することも大切だと思いますね!

森川 そう言われると…。確かに金融や鉄道会社、メーカーなどによって面接も違いますし、経験を積むという面ではいいかもしれませんね。でも、絞りきれなくて後悔したこともありました。業界や職種、その企業に対する志望動機が弱く、伝わらないこともありましたし。そう考えると、絞りすぎてもいけないですし、広げすぎてもいけないと思いますね。