オフィス空間の専業メーカー、株式会社ナイキです。

採用情報 RECRUIT

先輩メッセージ ーデザイン職ー

デザイン職メイン画像

2つの"デザイン"の仕事

ナイキのデザイン職は幅が広く、部署によって仕事内容も異なります。今回はそんなナイキのデザイン職で奮闘する2名のスタッフにデザイン職のリアルを尋ねました。デザインの仕事の面白さや難しさ、またナイキならではのこだわりを伝えたいと思います。

それぞれの"デザイン"という仕事

まずはお二人の仕事について教えて下さい。

北沢 私はオフィスデザインセンターという部署に所属し、オフィスのレイアウトを手掛けています。お客様のニーズに応えるために、単にオフィス家具をレイアウトするだけではなく、内装を含めたオフィス空間全体を提案したりします。オフィスプランニングの作成からお客様へのプレゼンテーション、時には内装工事の立ち会いまで仕事内容は多岐にわたりますね。

デザイン職写真1

高本 僕は企画・デザイン室という部署に所属しています。仕事はデスクやチェア、テーブルなどの企画・開発。ゼロから作り上げていくこともあれば、使いやすいようにリメイクしたり、サイズやアイテムの追加をすることもあります。トレンドを見極めながら考えていったり、アイディアを得るために家電や車を見に行ったりもしますよ。

2つのデザイン職、その相違点とは?

今お伺いしたお話だけでも仕事内容が全く異なりますね。他にも相違点はあるのでしょうか。

北沢 一言で言うと、一番の違いは"モノ"と"空間"かな。

高本 確かにそうだよね!あと、打ち合わせ先も違う。北沢の仕事は、お客様や営業とのやり取りが多い。それに、施工管理の 業者さんとか…。僕の仕事はものづくりなので、滋賀工場とのやり取りが多くなりますね。実際に製品化できるのかとか、必要であれば工場に行って打ち合わせすることもありますよ!

デザイン職写真2

北沢 そう言った意味では、仕事の進め方からして全く別の仕事と考えてもいいんじゃないかな。